モニターに採用される応募文の書き方

モニターは、採用されれば確実に収入につながる可能性が高くなりますが、採用されなければ収入にはつながりません。その採用されるコツは色々とあるのですが、応募文の書き方のコツが、最も重要です。

その重要さは、採用までの流れをご覧いただくと、分かるかと思います。

■~モニター採用までの流れ~ ※応募文が必要なモニターの場合。

第一次審査
応募者多数の中から、対象となる方のみを選び出します。
※性別・年齢・職業・婚姻・地域などなどの条件に合う方。

第二次審査
お願いしたいと思える方を、応募文で見極めて絞り込んでいきます。ここで、大概は決まります。
※真面目に回答・取り組んでくれそうな方。信用できる方、信用していただいている方。

第三次審査
第二次審査で絞りきれなかった場合は、抽選や、より条件に合う方を採用します。

 

第一次審査では、属性により決まるものですので、自分ではどうにも出来ない部分になります。第三次審査は、もう時の運に任せるしかありません。

最も重要で、自分の努力次第で採用されるのが、第二次審査の【応募文】になります。
応募文が必要ないモニター(特に販売促進のみが目的)の場合、やりがいというモニターの魅力はあまりないかもしれません。

この後のページでは、採用されるか否かが決まる、採用される応募文の書き方について、お伝えしていきます。

前へ  ◆  次へ
MONITTO会員募集中
メニュー

法人向けサービス>>

 ▼コツのメニュー

インクロム AGAの治験参加者募集

HOMEへ 法人向けサービスへ ページTOPへ メニューへ